生活保護を受けている場合の借り入れについて

生活保護を受けている場合の借り入れについて

厚生労働省のホームページに記載されている生活保護制度の趣旨とは次のようなものです。「生活保護制度は、生活に困窮する方に対し、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的としています。」また、資産については、「預貯金、生活に利用されていない土地・家屋等があれば売却等し生活費に充ててください。」と記載されています。したがって、生活保護を受けている場合には、担保もなく、定収入も低いので、審査に通らず、金融機関から借入をすることはできません。

 

それでは、生活保護を受けていて、どうしてもまとまった金額が必要になった時にはどうしたらよいのでしょうか?

 

考えられるのは、生活保護の世話をしてもらっているケースワーカーに相談することです。ケースワーカーと福祉事務所が、事情を理解し、認めてくれた場合には、福祉事務所から借りることができます。借りたお金は、生活保護費から、月々差し引かれていきますが、安全にお金を借りることができます。

 

審査が甘く、生活保護を受けていてもキャッシングができるキャッシング業者が全くいないわけではありません。けれども、生活保護を受けている人が、利息が付いて膨れ上がっていく借入金を順調に返済していけるわけはありません。生活保護を受けている人に融資をするキャッシング業者は、月々の高い利息を当て込んで貸し出していることになります。生活保護を受けている人に融資をするキャッシング業者の中には、ヤミ金融の業者もいるかもしれません。これは、生活をさらに崩壊させることにつながります。

 

生活保護中のキャッシングは支給停止の対象

 

また、生活保護を受けている人が、キャッシングをすると、生活保護費事態の支給が停止されます。そもそも生活保護を受けている人が借金をするといことは、生活保護に対して定められている規則に違反する行為だからです。生活保護を受けているにもかかわらず、キャッシングをすると、詐欺罪に問われ、罰金が発生することすらあります。なぜなら、生活保護者の補助されている生活費は、国民の税金で賄われているものだからです。

 

その税金が、借金の利息の返済に充てられるというような状況になれば、始めにあげた、「〜必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保障するとともに、自立を助長することを目的〜」という、厚生労働省が定めている目的に、まったく沿わないものになってしまいます。どうしても、生活保護費だけでは賄えないような事情になってしまった時には、担当のケースワーカーに相談することをお勧めします。また反対に、キャッシングの債務に追われて生活が立ち行かなくなった場合は、これを解決したうえでないと、生活保護の申請をしても、生活保護を受けることができません。