年収300万で実際いくらまで貸してもらえる?

年収300万で実際いくらまで貸してもらえる?

年収はカードローンの審査に重要です。では、どういった基準があるのでしょうか?

 

貸金業法では貸付金額について「年収の3分の1まで貸し付けして良い」と規定されています。300万の年収の方は、3分の1で計算すると「100万融資枠がある」ということになりますが・・。実際は・・。やはり、貸す側としてはリスクを避けるために100万以上の貸金の場合は控えているようです。

 

100万円を超える融資は、「年収証明証」などの提出を請求することもあります。口頭だけではなく、書面での証拠が必要です。年収とは何を根拠としているのか・・。「年収の定義」としては5点あります。

 

  1. 給料
  2. 年金
  3. 恩給
  4. 定期的な不動産の賃貸料金収入
  5. 年間の事業所得となっています。

 

ギャンブルのパチンコ・競馬・ロト6などの収入は「年収」に含まれません。

 

では、「専業主婦・主夫」などの収入がない方はどうするのか?
→配偶者の年収を、基準に判断されます。配偶者の同意者・住民票など「婚姻関係」であることが「証明できる書類」が必要になります。この時の基準も「年収の3分の1」というのに変わりはありません。この規定はあくまでも「キャッシング会社からの借入金額の限度額」です。

 

住宅ローンや車のローンの貸し手先が、銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫・農協などの公的金融機関の場合は「総量規制」は適用されませんのでご注意を。「総量規制」とは、消費者金融からの融資は年収の3分の1までしか借りることができないという規定です。実際の話・・「年収が300万円」では、消費者金融の融資は「50万円が最高額」という平均的なデータです。3分の1の「100万円を借りる」には、やはり100万円は大金ですから100万の大金を貸す側も簡単には貸しません。借りるより稼げ!!と良く言われますが、その通りだと思います。稼げば自分のお金ですから、返却しなくてよいのです。自分の給料に似合った生活をするのが1番だと思います。

 

それでも、どうしても大きな金額のお金に困った時または、多額の融資が必要な場合は、消費者金融ではなく、銀行など公的な金融機関へ相談に行くことをオススメします。銀行などは「総量規制」の規定がないので、融資の額に制限はありませんので。また公的機関なので、無理な貸し出しはしません。返済能力などを、しっかりと考えプランを提案してくれます。2流、3流の消費者金融は無理な貸し出しをすることもありますので注意してくださいね。